ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。絵に関しての記事書いています。特撮オタクなので特撮記事も多く書きます。

タブレットでクリップスタジオペイントが使えるとどうなるのか?

f:id:redberry072169:20180701164639j:plain

タブレットで今まで使用できていたソフトは、アイビスペイントかメディバンペイントが主でした。

 

しかし、クリップスタジオペイントがタブレットで使用することができる今、お絵描きはどう変わるのか?

描ける作品の幅はぐっと上がる

大きな変化は、やはり描ける作品の幅が大きく変化したことだと思います。

 

メディバンでもそれなりに良い絵は描けますし、事実私はメディバンで描いてますけど、クリップスタジオペイントはプロのイラストレーターさんが使うことも多いソフトなので、使用できるツールの幅は全然違ったりします。

 

今まではタブレットPCやノートPC、デスクトップPCくらいでしか使用ができなかったソフトをタブレットで、ましてやiPadでできるのはありがたいです。

プロの漫画家さんが使用している

テルマエ・ロマエの作者さんで漫画家のヤマザキマリ先生は、移動が多いからという理由でiPadと専用のペンで執筆活動をされているようです。

 

テルマエロマエの原作

 

移動が多い方は、surfaceを選ぶか、iPadを選ぶ人が多いのです。

iPadでもしっかりと仕事になる

過去の記事でラフに描くならっていう話をしたことがありますが、もちろんコスパを考えればiPadは絵を描くデバイスの選択肢としてはとてもいいのですが、このようにプロとして第一線で活躍されている方でも仕事の道具として使用することが多いので、iPadを買っても仕事としては使えないって思う必要はありません。

 

これで仕事をしている人はたくさんいますし、私も液タブは持っていませんが、surfaceで十分仕事ができています。

 

それを考えた時、描く為の物なんて自分のライフスタイルに合わせて選んでも問題ないと思っています。

 

 surface紹介記事

自分が使いやすいものを選んで、それを使って仕事をしていくのがある意味ではプロなのかもしれないですね。

クリップスタジオペイントが使えると外でネームを描くこともできる

クリップスタジオペイントはイラスト制作ソフトとしても確かに優秀ですが、漫画家さんがネームから仕上げまでをする“マンガを描く”ソフトとしても活躍します。

 

このソフトだけで全ての工程を行うことができるということは、どこにいても作品を執筆することができるということです。

 

漫画家を目指しているけど、高い機材をそろえてないと仕事にならないと思っている人、描きたいけど描く時間がとれない人、マンガは描かないけど、イラストの制作は思いついた時に描きたい人には、むしろ強い味方になってくれます。

 

無料のソフトよりも有料のソフトでしっかりした制作をしたいならiPadを買えばクリップスタジオを使うことができるのです。

iPhoneには未対応なのが少し悔やまれる

iPadなどのタブレットには対応しているクリップスタジオペイントですが、残念ながらiPhoneには未対応です。

 

なので、iPhoneで絵を描く人には使うことができないのがある意味で欠点ですかね。

 

まぁそれでもそもそも絵を描きたいと思ったら大きな画面で描きたいって思う人が多いと思うので、あまり大きなデメリットではないと思いますけどね!

iPadでの描き心地

描き心地はそこまで悪くありません。むしろいい方だと思います。ただ、少し気になるのは、紙にペンで描くような引っ掛かりのある感じは少しアナログとは変わるってことです。

 

画面に描くので仕方がないのはありますけど、紙にペンで描いた時の紙に引っ掛かる感じはやはり再現しきれないので、多少はつるつるした感じはすると思います。

 

しかし、それを考えないにしても紙に描くように直接画面に描きこむことができるのは、抵抗が少なくていいと思います。

 

画面サイズもそこまで小さくもなく、大きくもないので、比較的ちょうどいいかなといった感じです。

 

時間がとれなくても絵を描くスキルを少しでも身に着ける方法もこちらで書いているので、良ければ読んでみてくださいね。

まとめ

iPadなどのタブレットで絵を描く人にはクリップスタジオペイントが使えるようになっているのはとてもいい情報だったと思います。

 

描ける範囲、できる機能はやはり有料のソフトなだけあって何も問題はないですし、慣れるとかなり快適に描くことができます。

 

慣れなくても機能を限定して使ってもいいので、是非iPadなどのタブレットと一緒に導入を検討してみてはどうでしょうか。