ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。

ストーリー重視の作品が好きな理由がわかった!

今日は監獄のお姫様の9話でした。徐々に明らかになっていく事実が面白いですね。そして、やっと第1話の話に繋がるまでの過程にたどり着きました。サソリのロングヘア新鮮でした(笑)

 

で、召集するのに何で折り紙で手裏剣なんでしょうか?謎ですね(笑)まぁ投げやすいのはわかるんですけど、接触したのは馬場カヨと財テクさんだけなんですね、あとの二人は手裏剣を投げて終わるっていう...。

 

なにはともあれ話の流れは完全に今に繋がった段階でここから先は未来の、今の話になります。来週予告でサソリ含め他のメンバーもグレーの洋服を着てるってことは捕まったんですかね?まだ話は読めないですけど、それぞれが信じる正義をどう貫くのかが最終回の見どころですね。

 

このドラマは宮藤官九郎さんが脚本を書かれた割にはそこまでコメディによってなく、どちらかというとストーリー重視の中に各キャラクターの個性で面白くしてるような感じですね。

 

私は昔から菅野美穂さんのドラマは好きで、古くはイグアナの娘を観てて、あれもお気に入りでした。この人のドラマは全体的に少し暗めな作品が多い気がします。それがこの人の作品は好きなんですけどね。

 

好きな作品の一つです。特撮好きな人ですけど、そもそもドラマが好きで、母親とずっとドラマを観てきたためにストーリー重視の作品が好きになったんかなと思います。多分特撮だけ観てたらストーリーとかは気にしないで観てたと思うんですよね。

 

特撮にもストーリーを求めるのはそこがルーツですね。そう考えると母に感謝です(笑)