ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。絵に関しての記事書いています。特撮オタクなので特撮記事も多く書きます。

今期のドラマを少し話します。

今期のドラマももう最終回を迎えていよいよ今年も終わりますね。

 

そこで今期のドラマの個人的な好みを書いていこうかなと思います。

 

まず、ここ最近ヒットが多く出てる火曜日のTBSドラマですけど、今回は監獄のお姫さま。囚人として監獄に入ったおばさんたちが出会い、真犯人に復讐をしていくストーリーです。

 

何か不思議な作品で、囚人だった時の話と現在の話が交互の流れるような番組構成で、大半は囚人時代の話です。出会ってから仮釈放→そして1話での誘拐事件からの板橋吾郎誘拐までそして今もなおその話はまだ続いてます。

 

この作品の面白さは今までにあまりないような話と今までもよくあったものが混ざった感じのもので、イメージは仮面ライダーキバのような感じにも見えたんですよね。過去の話と今の話が交互に出てきて、それぞれがリンクしていくような感じですね。

 

キバも過去の話があっての今の話に繋がってますからね。

 

こういう複雑ながらもしっかりしたストーリー作りがされてる作品は観てて引き込まれていくのですごく好きなんです。

 

それから、奥様は取り扱い注意。この作品は主人公の綾瀬はるかさん演じる元工作員菜美が普通の主婦として結婚して普通の家庭を手に入れようとするも色んな事に巻き込まれいき、結局は工作員時代のやり方で解決させていくストーリー。

 

先週最終回を迎え、夫の勇輝は菜美を監視する目的で近づいたが何も事を起こさないなら監視を解くことが条件だった。だが、あまりにも色んな事に首を突っ込む菜美に対して、ついに最後銃を向けることになる。

 

解決後帰宅した菜美に銃を向けてブラックアウトした後、銃声だけが鳴り響く終わりを迎えるんですけど、これがまた終わり方が好きです。

 

どうなったか、考えさせられる終わり方は色んな想像ができていいですね。世にも奇妙な物語のような終わり方ですもんね。そもそも現実離れした設定が逆に最近ないタイプだったので一番真剣に観てたかもしれないです。

 

昔、ヒットはしなかったですが、天誅っていう現代に迷い込んだ忍者が現代の悪に天誅を下していく作品で、あれも最近にはないタイプの作品だったので大好きでした。なんかこうスカッとしながらも特撮のようなドラマ展開だったので、個人的にはツボでした。

 

昔から不思議で少し怖いような作品が好きなんだなぁと改めて感じます。子供っぽい作品よりも大人が見るような作品の方がツボなんだと改めて感じる瞬間ですね。