ゆうりの日常

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。絵に関しての記事書いています。特撮オタクなので特撮記事も多く書きます。

ビルドとキュウレンジャーとジードとシンゴジラ

金曜から日曜まで特撮祭りでしたね。ウルトラマンジードは今週いい話でした。三森すずこさんが出てくる話でしたけど、レムの名前の由来、伏井出ケイの復活、レムを助けようとするリクが素敵でした。

 

レムは仲間、だから助ける。そして、レムは必至で自分の中に入ってくる存在を追い出そうとする。レムが考えた小説がキーとなり話が展開していく様は30分でうまく回収したなぁって思います。

 

ただ、ここ最近はカットされた未公開シーンがエンディングに差し込まれるシステムにちょっと違和感があります。ドンシャインのポーズを全員でやるシーンが今回はエンディングの最後の方で流れました。

 

ライハが恥ずかしがってうつむき笑いながらポーズをとるシーンは可愛いです( *´艸`)できればこういうのはBlu-rayでディレクターズカット版が欲しいですね。未公開シーンを加えて少し長くなってもいいからみたいです。

 

レムの存在が悲しげではかなく感じるいい話でした。

 

そして仮面ライダービルドはキードラゴン初登場回でしたね。ただ、力が強すぎるのか戦闘終了後身体に負荷がかかり全身を電流が走ります。瞬時に変身を解きます。そして、この回では戦兎と龍我、いい関係になりつつある感じが見えた話でした。

 

龍我結構頼りになる存在になりましたね。ドラゴンフルボトルを握りしめて戦うシーンはただただ格好良かったです。

 

そして龍我はハザードレベルが3になったと思ったらフルボトルをすべて回収されてしまいました。

 

作品の中でもキャラクターはスタークが葛城巧なんじゃないかって話をしてましたけど、その視聴者も今のところそんな気がしてるので、これからの正体がばれるシーンが楽しみですね。

 

そして来週ついに龍我が変身します。情報がばれてるので名前も出てますが、仮面ライダークローズです。来週に初登場なのでそこが見どころになると思います。

 

キュウレンジャーはラッキーの父親(偽物)が登場しました。偽物とはいえ初めての父親のが見れた回でした。偽物ではありつつも一人奮闘したラッキーでしたけど、ただがむしゃらに運だけに頼ったキャラではない所も見えました。

 

自分が流した涙から父親が偽物だと見破ったんですからね。まぁただ戦隊なので一目で水や雨が苦手なのはわかりましたけど、こういう見た目でわかる謎があるのが戦隊の考えなくただ観て面白いっていう部分なんだろうなぁって思います。

 

今回の話でラッキーの父親はすでにこの世にはいないって言われてましたけど、戦隊も結構どんでん返ししてくることがあるのでまだまだ目が離せない感じです。

 

そしてラストにシンゴジラ!日本の特撮技術をこれでもかってくらい詰め込まれた特撮ファンをも圧巻にさせる作品だと思います。まず冒頭、出てきたゴジラはトカゲが巨大化したかくらいのだいぶグロテスクな姿で登場します。首元からお腹のあたりまで肉を輪切りにしたかくらいのぶにょぶにょした質感で描かれ、そしてそこからは血のような赤い液体が滴ってる。

 

東京都大田区蒲田に上陸したため、ネットでは蒲田くんっていう名称で親しまれて、広まりました。今のSNSの拡散力は本当に目を見張るものがありますね。私もTwitterはやってますけど、公開当時はすごい話題になりました。

 

ゴジラは今でも人気なんだなぁって思います。最初は円谷プロが生み出した怪獣でしたけど、今や日本のモンスター特撮のてっぺんですからね。

 

話を戻しますね。

 

で、この映画で私が特に驚いたのは出ている役者さんのセリフ回し。難しい専門的な用語を話しながらも話すスピードは速く、そして当たり前だが噛まない。でもしっかりと言ってる言葉は聞き取れる。そしてそこにはキャラクターの感情もしっかりとのっかてる。

 

今を輝くトップ俳優さんたちが勢ぞろいしてその力を存分に映画で発揮してくれてる。役と役のぶつかり合い。そして、そこに良さが見えてくる。ゴジラも負けじと変体を繰り返し私たちが見慣れてるあのゴジラになる。そしてそれをさらに超えていく。

 

下あごが割れ、大きく口を開けたかと思うと、そのまま火炎を吐き、それがやがて青白いビームとなってまっすぐに地上を破壊していく。それは口だけにとどまらず、背中からも出てくる。

 

日本の特撮は海外に比べて圧倒的な差をつけて今進化を繰り返してるんだなぁって思うとうれしくなります。

 

というか特撮は子供の観る番組って言われがちですけど、それはあくまでヒーロー作品であって(というかもはやヒーロー作品も子供だけの観るものではないけど)、モンスター映画は大人が楽しめる特撮ですね。

 

いい大人が一つの特撮作品でいろんな意見を言えるんですから、特撮はまだまだできると思います。もちろんヒーロー作品もしかりです。モンスター映画はむしろヒーローのよな絶対的な「善」が現れない分子供は飽きてしまうのかなって思うんですが、どうなんでしょうね?

 

私は結構特撮なら何でも楽しく最後まで観てられた人だからわかりません。家族で話をしてても、今の特撮ヒーローものやアニメは本編自体の分数が少ないから子供の集中力が減ってるって言ってました。

 

よく考えたらそれは正解だと思います。作品の尺は30分ですけど、オープニング、エンディングが90秒ずつ入り、そして本編中に昔の作品なら1回しかCMが入りませんけど、今は仮面ライダーでさえ3回はCMが入ります。180秒プラス2分前後のCMが3回って考えると本編の分数は大体良くても15分ちょっとです。長くて19分とかですかね。

 

ずっと楽しく観てたのにCMによって集中力を切らされるのでそう考えると集中できない子供が増えてるのはわかりますね。自分たちの頃の作品を改めてDVDとかで観てるとなんだか長く感じるのはわかります。

 

30分ってこんなに長いっけ?って思うくらいに時間の流れる速さがゆっくりでそして本編の内容も濃いです。転換に次ぐ転換で飽きさせない工夫が随所に見られます。今はそういうのがあっても中割りをされてCM明けには唐突に話が変わるので飛ばしたかなって思うようなこともありますから。

 

昔の感じには戻れないでしょうけど、せめてCMの時間は少し少なくして本編の内容を濃くしてほしいなって思います。