ゆうりの日常〜お絵描きブログ〜

イラスト制作ブロガー。ちびキャラをメインに制作しています。

メダロットクラシックス発売

特撮と同じくらいメダロットが好きなゆうりです。

 

メダロット2の時にがっつりプレイしてて、隠れボス的なプリミティベビーまでで1日でクリアしたのを未だに覚えてます。

 

私がプレイしてたのはクワガタバージョンでした。最初にアカリとの2体1の戦いをさせられるあたりからもうこのゲームは完全に詰ませる気満々だなぁって思った記憶があります。そのあとの沼でも野良のおばあちゃんのフラワーのビームでやられたり、脚部が多脚じゃないと地形補正を受けられず機動力が遅くなったり、それでいて手に入るのはカネハチまーく2の脚部なんで若干それでも機動性が悪いっていうね(笑)

 

やられまくってました(笑)まぁなんとかクリアできたんですが、このタイミングのホールドはなかなか厄介でした。

 

そして、あっちこっちステージを動き回らないとナイトメダルが手に入らないのでなかなかに難易度が高いゲームでした。それでも勝てるのでいいバランスの難易度だと思いますけどね。

 

で、今回のクラシックスですが、こんな2も含めて1~5までのすべてが収録されてます。そう、1の時のいきなりのユイチイタン2体を相手に勝たないといけないという鬼な1も収録されてるわけです(笑)

 

メダロットは毎回ゲームの中に詰む場所をいくつも用意してるゲームなのでなかなか玄人向けな感じのゲームですね。

 

そんな私のパーティはとにかく殴りません。プリミティの腕パーツで混乱をかけ、そして射撃トラップや格闘トラップをうまく使い、自滅させるパーティでした。攻略されやすい方のパーティでしたけど、これが結構勝てて負けなかったんですよね。

 

肝となる混乱を積んだ期待は浮遊脚部でスピードに安定性を持たせて常時チャージを持たせてました。地形に関係なく戦えるのでスピードは安定しますし、浮遊パーツはサポート関係メダロットが多いので比較的安定してました。

 

他の機体にもそれぞれに常時チャージを持たせてスピードは安定させてました。逆にうまく混乱が決まらないとピンチになりやすいですが、3体のうち、1体はシールド機体を入れていたので失敗してもなかなか倒れないパーティでした。

 

実はこのパーティ、自分のレベルが20~30くらいで相手がマックスでも勝てます。というか勝ててました。相手の力はそのまま相手に反射させてたのでむしろレベルマックスの方が都合がいいんですよね。

 

そんな戦いがまたできるなんて嬉しいですね。楽しみにしたいところです。